スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

恒例、ねぶた祭り

みぃ~ん、みぃ~ん、みぃ~ん、みぃ、みぃ~ん。
 ミィーン、ミィン、ミィン、ミィ、ミィ~ン。

 今年もたくさんのセミさんたちが、ここプチホテル・サンロードのある伊豆高原の森の中でも、夏の訪れを「待ってました」とばかり、大声で報せてくれる。
 時々、季節を間違えたのか、独りぼっちで寂しく鳴いているセミさんもいるけれど、ほとんどは私たちわんこが夏バテしそうな時季に、セミとしての存在を「これでもか」とアピールしてくるのだ。
 まっ、私、マルチーズのポーちゃんは、クーラーの効いた涼しいお部屋でお昼寝を楽しんでいるのだから、暑さはそれほど気にしないけれど、庭で飛び回ることが大好きな4人の妹たちは、このギラギラ太陽はあまり好きではないようです。

 夏といえば、海、プール、花火、かき氷、スイカ割り、盆踊りといろいろありますが、中でも盛り上がるのが怪談話。
 でも、なんでゆうれいさんの出番は、夏なんだろう?
 浴衣、井戸、月の灯り、柳の下……が、怖い話に似合うからなのでしょうか?
 もしも寒い冬のゆうれいさんだったら、浴衣の上にドテラを羽織り、手袋にマフラー、帽子と、まあ、確かにさまにならない気もします。

 ところで、この怪談話。人間やネコちゃん、キツネさんやヘビさんといろいろなスターが登場しますが、わんこのゆうれい話はあまり聞いたことがないと思いませんか?
 そこで今回は、私たちわんこの、チョット不思議なお話をさせていただきます。
 もちろん、お客様の体験やエピソードなども含まれていますが、そんなに怖くはないので安心して読んでくださいね。
 それから、私のお母ちゃんは自分は霊感が強いと思っちゃっているから、普通の人には信じられないようなことも出てきますが、あまり気にしないでください。
 ちなみに、お父ちゃんもお母ちゃんも、おばあちゃんも、私たちわんこも、家族はみんな無宗教です。

 またまた、セミさんの登場です。

 ミィ~ン、ミン、ミン、ミン、ミィ~ン。
 ミィ~ン、ミン、ミン、ミン、ミィ~ン。
 ジー、ジ、ジ、ジ、ジ、ジー、ジ、ジ、ジ、ジ、ジィー。

 今日は一段と、セミの鳴き声がう・る・さ・い。
 お客様たちは、このセミの声を聞いても、「いいわね、やっぱり伊豆高原は自然がいっぱいで」と喜んでいる。
 毎日聞いている私たちは、苦痛にしか感じないのだけれど……。

 夏の陽射しはジリジリジリと、どこででも目玉焼きが出来るぐらい暑い。
 お父ちゃんとお母ちゃんは、コンニャクのようにクニャクニャしながら、
「暑くて食欲もないから、お昼ご飯はサッパリと焼肉(?)がいいなぁー」
 と、おばあちゃんに頼んでいる……何かヘン。
 おばあちゃんも、お母ちゃんのトンチンカンなセリフに慣れてしまったのか、
「わかった、サッパリと焼肉だね。牛肉あったかなぁー、えーと、ピーマン、タマネギ、モヤシと、ニンジンは出してもどうせ食べないからやめて」
 と一人でブツブツ言いながら、台所へ向かう。
 お母ちゃんはお嫁さんなのに、いつもおばあちゃんを頼りにして、ご飯とか家事はみんなおばあちゃんがやっているの。

 しばらくして、どんぶりからお肉が飛び出そうなボリュームたっぷりの焼肉丼と、お吸い物、おばあちゃん自慢のぬか漬けのおしんこ、サラダが食卓の上に並べられた。
 お父ちゃんは、
「こんなに食べられないよぉー」
 お母ちゃんは、
「あたし少ないのでいいー」
 と言いながらも、冷たい麦茶を飲んで、
「いっただきまぁ~す」
 と、元気よくお箸を進めていった。
 私たち姉妹は、お母ちゃんたちのご飯が終わってから食事なので、お肉の匂いを「クンクン」と鼻だけで味わいながら待っている。
 いつの間にか、ひとつひとつの食器がからっぽになっていく。

「ふぅ~っ、お腹いっぱい。美味しかったぁー、ごちそうさまでした」
 と、お母ちゃんたちは湯飲みに並々と注がれた冷たい麦茶を一気に飲むと、毎日恒例のお楽しみ、お昼寝(ホテルのスタッフには、ねぶた祭りとか言われています)を始めました。
 お父ちゃんは、ベッドの上でゴロン。
 お母ちゃんは、ベッドの横にお昼寝布団を敷いてゴロン。
 おばあちゃんは、自分のお部屋でみぁ~くんと一緒にゴロン。
 そして私たち姉妹は、お父ちゃんとお母ちゃんの周りにゴロン、ゴロン、ゴロン。
 狭いお部屋に、人間2人とわんこ7人が横たわっているのですから、ここはチョット広めの犬小屋みたいなものです。

 しばらくすると、人間たちの「グァー、グァー、グァー、グーグーグー」という、にぎやかなイビキの合唱が聞こえてくる。
 妹たちも、「クゥ~ン、クゥ~ン、フニャ、フニャ、フニャ」と、おやつを取られた夢でも見ているのか、犬語で寝言を言っている(わんこも、楽しい夢とか悲しい夢を見るんですよ)。
 みんな、本当に気持ちよさそうに眠っている。クーラーつけて、お腹いっぱいになって、セミの声を子守唄代わりにして、幸せそうだなぁー。


 

誰もいない部屋から

 そういう私は、さっきからホテルに漂っている、異様な気配が気になって眠れない。
 人間ではなく、何か別の生き物がいるような感じがする。
 なんなんだろう? 懐かしいような、そうでないような……。

 私は、熟睡しているお母ちゃんの顔を覗き込んでから、そろぉ~っと犬小屋、あっ違った、お昼寝部屋から出て、気配のする方へと向かった。
「クン、クン、クン。ヒク、ヒク、ヒク」
 こっちの方だ。
 だんだん近づいていくうちに、手足がブルブル震えてきた。
「えっ、私、怖がっているの……?」
 いつも好奇心が強く冒険家の私が、こんなことでビビるなんて……。
「ええい、女は度胸。頑張れ!!」
 と自分に言い聞かせ、気配が強い部屋の前に辿り着いた。
「ここだ、ここからきていたんだ」
 誰かが、私に向かって何かを伝えようとしている。
 でも、ドアが閉まっていて、中に入ることが出来ない。
 ノブを回そうと1、2回とジャンプしてみたが、マルチーズの私では届かない。お母ちゃんを呼んできて、ドアを開けてもらうしかない。私は大急ぎでお昼寝部屋へとダッシュ!!
「ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン(お母ちゃん! 起きて!! お母ちゃん早く起きてってば!!!)」

 お母ちゃんは私のワンワンコールに、
「ポーちゃん、お願いだからもうちょっと寝かせて」
 と言いながら、寝返りをうってお顔を壁の方に向けてしまった。
「ウゥ~、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン(だめぇ~、お母ちゃん、大変なんだからこっちに来て)」
 と、もっと大きい声で叫ぶと、
「わぁ~た、わぁ~たから、ちょっと待ってて」
 と身体を半分起こしたまま、ボケーっとしている。
 すぐ行動に移らないお母ちゃんをジィーと睨みつけると、
「はいはい、わかりました。なんですか? どこに行けばいいんですか?」
 と、少しふてくされながら、私のあとをついてきた。

 例の部屋の前まで行き、
「ねぇ、変でしょう。誰かいるでしょう。今の時間、ここには誰もいないはずでしょう?」
 と言いながら、私はお母ちゃんを見上げる。お母ちゃんは、
「そうかなぁー、お母ちゃんには何も感じないけど……ネコちゃんか何か入っちゃったんじゃないの? 部屋の中にいるのに気づかなくて、ドアを閉めちゃったんじゃないの? よく、みぁ~くんがお昼寝していて閉められることがあるじゃない」
 と、のんきなことを言っている。
「違うよお母ちゃん、ネコちゃんやわんちゃんなら、どんなに離れていても心臓の音だけは聞こえてくるけど、ここにいる生き物(生きてんのかなぁー)は、何も聞こえてこないよ」
「へぇ~、じゃ、死んでるってことなのね。わかった、ここにいるのはゆうれいさんなんだよ、ゆうれい。ね、それでいいじゃん。さぁー、お昼寝の続き、続き」
 と、お部屋に戻ろうと振り返ったお母ちゃんは、そこでピタッと足を止め、
「えぇ~~~、ゆ、ゆうれい!!」
 と、飛び上がるような勢いで、とんでもない大声を出した。
「きゃ~~~ぁ」
 私もつられて、声を張り上げてしまった。

 二人の心臓は「ドキ、ドキ、ドキ、ドキ(急に脅かさないでくださいよ!!)」と怒っている。
「ポーちゃん、どうする? お母ちゃんがドアを開けるから、ポーちゃん中を見てきてよ」
「やだよ、私だって怖いもん。お母ちゃん大人なんだから、覗いてきてよ」
「でも、ポーちゃんはわんこだから、ゆうれいさんは平気でしょう?」
「そんなぁー、だってぇー」
 そんな会話を、どれくらいしたでしょうか。
 結局、二人で一緒に入ることになりました。

 恐る恐る開いたドアの前には、不思議な生き物が待っていました。
 その動物は、身体全体が光で覆われ、とても綺麗だった。
 ピンと立っている耳。クルンッと丸まったシッポ。キリッとした目。ひきしまった立派な身体……。
 そう、中型の柴犬だった。

ゆうれい犬さん、こんにちは

お母ちゃんは、そのわんこが座っている縁側の方へ、ツカツカと歩いていく。さすがお母ちゃん、度胸いいねーと思っていたら、
「なぁ~んだ、ポーちゃん誰もいないよ」
 と言う。
 あれ? 目の前にいるわんこに、気がついていないのかな?

「お母ちゃん、その子、その目の前の子だよ。さっきから私にテレパシーを送っているのは」
「その子って? 目の前の子って?」
 お母ちゃんは、キョロキョロしながら周りを見渡している。本当にわかんないんだ。
「お母ちゃん、お母ちゃんには見えないんだね」
「ポーちゃんには姿が見えるの?」
「うん、茶色い柴犬だよ。優しそうで、シッポの所にチョットだけ黒い毛が混ざっているの」
「そう、お母ちゃんには見えないのかも……人間だから。残念だなぁー、わんこのゆうれいなんて初めてだもの、いろんなことを聞いてみたいなぁー」
「どんなこと? 私だったら出来るかもしれないから、聞きたいことを言ってみて」
「そうだね、ポーちゃんだったら同じわんこだから、お話が通じるかもね」
 でも良かった、優しそうな子で。怖いゆうれいだったら、お母ちゃんを置いて逃げちゃうかも!!

「じゃあさっそく、お名前と、どこの子か聞いてくれる?」
「うん」
 私は「大丈夫、仲良しさんになれる」と心の中で自分に言い聞かせ、
「こんにちは。私、ここんちの子でポーちゃん。女の子で6歳になるの。あなたは誰? どこから来たの?」
 と尋ねた。
 ゆうれい犬さんはゆっくりと顔を上げ、一度お母ちゃんを見てから私の方を向き、
「僕の名前はチビ。天国から来たんだ」
 と、静かに口を開いた。

「チビ? そんなに大きいのに? それに天国から来たなんて」
「うん、前のご主人様が、僕を拾った時に付けてくれた名前さ。それに僕は死んでしまったから、今は天国にいるんだ」
「ふぅ~ん。大きいチビゆうれいさんなんだね。拾われたって、捨て犬だったの?」
「僕はここの近くにある、さくらの里に捨てられていたんだ。まだちっちゃかった僕は、最初は何もわからずダンボール箱の中にいたけど、そのうちにお腹がすいて、お母さんを探しに、箱の中から出たんだ」
「うぅ~ん。怖かっただろうね。それにあそこの道路は車がいっぱい走っているから、危ないよね」
「そう、ポーちゃんの言うとおり、トコトコ歩いてたら車に跳ねられちゃったんだよ」
「え~、大丈夫だったの?」
「すごく痛くて、キャイン、キャイン鳴いていたら、たまたま通りかかった人間が助けてくれて、近くの動物病院に連れて行ってくれたんだ。僕の怪我はとてもひどかったから、2週間くらい入院して、その後1ヶ月通院さ。その、病院に連れて行ってくれた人間がご主人様で、ずっと優しく面倒を見てくれたんだ」
「良かったね、良い人に助けられて。痛くて辛かったと思うけど」
「うん。元気になった僕は、結局、大好きなご主人様から離れられなくなってしまったんだ。それからはずっと一緒に、お散歩に行ったり、ドライブに行ったりと楽しい日々を過ごしたけど、車は今でも嫌いだね」
「わんこも痛い目にあうと、トラウマになるのかなぁー? でもーぉ、今はゆうれいさんなのに、それでも車が怖いの?」
「もちろん、今はもし轢かれても通り抜けちゃうから平気なんだけど、あの時のことを思い出してしまうから、やっぱり車は見るのもダメなんだ」
 ゆうれい犬さんは、少し痛そうな泣き顔になった。

「そんなもんなんだね。ところで、ゆうれい犬さんはいつ死んじゃったの? また車に跳ねられちゃったの?」
「僕が死んだのは、もう6年も前に病気で。あの日は寒かったなぁー」
 ゆうれい犬さんは、その日を思い出すように、一言ひとこと懐かしそうに話した。

「その日は3月の終わり頃で、もう春だというのにとっても寒くて、伊豆高原では珍しく大雪が降って大変な日だったんだ」
「へぇ~、そういえば、去年も大雪が降ったんだよ。お庭でお母ちゃんが遊ぼって言ってくれたけど、あんよが冷たくて全然歩けなかった。もう身体中ブルブルで、私、固まっちゃったんだ。でも、このへんはめったに雪なんか降らないから、お母ちゃんは大人なのにいっぱい足跡つけて喜んでいたけど」
「ポーちゃんのお母ちゃんは、陽気でいいね」
 と、微笑んだその顔が少し悲しそうに見えた。

「僕は、その2~3日前から体調を崩して、歩くのがやっと。ご主人様は動物病院の先生に、僕の命があまり長くないことを聞いていたらしく、ずぅ~っと傍についていてくれたんだ。そのうち、だんだん息をするのも苦しくなって、それで最後に一言だけ、一言だけでいいからご主人様に『ありがとう』って言いたくて、思いっきり身体を伸ばして声を出そうとした時、ご主人様が先に言ってくれたんだ」
「なんて?」
「『チビ、ありがとうな。チビ、もういい、もういいから天国に行って早く楽になれ』って。僕はそれを聞いた時、すごく嬉しかった。僕の気持ちが、ちゃんとご主人様に伝わったんだ。声は出なかったけど、僕の『ありがとう』をわかってくれたんだ……。そして、身体をゆっくりさすってくれるご主人様の目から落ちたあったかい泪が、僕の口の中にポトリと入った時に、身体がスゥ~っと軽くなったんだ」

「もしかして、その時がゆうれいさんになった時なの?」
「う~ん、それがよくわからないんだ。死んでしまったのかもしれないけど、僕はそれから1週間くらいは、ご主人様の傍にいられたんだ。身体は庭のお花がいっぱい咲いている所に、埋めてくれたんだけどね」
「ふぅ~ん、ゆうれいさんになっても、少しだけでも傍にいられるんだね」
「ご主人様は毎日お線香をあげてくれて、僕の大好きなビーフジャーキーも、生きている時より多くくれて美味しかったなぁ~」
「えっ、死んじゃっても美味しいってわかるの?」
「わかるよ。特にご主人様の優しさが加わっているから、よけいに美味しい。お線香は心をやすらかにしてくれるし。生きている時は煙が大嫌いだったのにね」
「ご主人様とお別れするの、辛くなかった? 優しい人と離れるなんて、私、耐えられない。うちのお母ちゃんも優しいけど、もし、私が同じようになったら『天国に行ってもいい』なんて、絶対に言わないと思う。大騒ぎして大変なことになりそう。ね、お母ちゃん」
 ずっとキョトンとしているお母ちゃんに、ゆうれい犬さんのお話を最初から説明し始めると、
「うん、うん、わかる、わかる、その気持ち辛いよねー。そんな時、本当に辛いよねー」
 と泪を流しながら、
「そんで、そんで」
 と聞いてくる。

 ある程度説明が済んで、ゆうれい犬さんに、なぜここに来たのか聞いてみようとした時、鼻をズルズルしながら、
「ポーちゃん、ところでなんでゆうれい犬さんは、ここに出て来たの?」
 と、お母ちゃんの先回りする言葉。
「だぁ~から、今、聞こうとした時なの!!」
 私は、ちょっとむくれてプイ顔になった。
 嫌ですよね、今やろうとした時や話そうとした時、それを先に言われると。お母ちゃんって、意外とそういうことがあるんだから。
 そんなことを、お母ちゃんとコショコショ言い合いしていると、
「いいよなぁー、ポーちゃんは。お母ちゃんと話が出来て、本当の親子のようだね」
 とゆうれい犬さんは笑った。
 私とお話が出来るお母ちゃんも珍しいけど、ゆうれい犬さんとお話が出来る私も変わっているかもしれない。

 まっ、とにかくなぜこの部屋に出てきたか、そして何しに来たのかを聞かなければならない。
「ねえ、ゆうれい犬さん。あなたはなんの目的でここに出てきたの? それも昼間のこの暑い時に。ゆうれいさんて、夜出るんじゃないの?」
「いや、人間のゆうれいと違って、わんこのゆうれいは昼も夜も夏も冬もないんだ。意外と自由に行動出来るんだよ。ただ、生きている人間にメッセージを伝えたくても、やっぱり犬のゆうれいと人間だから、直接言うことが出来ないんだ。それで僕が困っていたら、ゆうれい犬仲間が、ここのホテルにわんこと話が出来る人間がいることを教えてくれて、悪いと思ったけれど、勝手にお邪魔したんだ」
「それが私たち親子のこと?」
「そういうこと。初めは無理だと思ったけど、ポーちゃんとポーちゃんのお母ちゃんをよく観察して、決めたんだ」
「えー、いつ、こっそり覗き見してたの?」
「前にポーちゃんとポーちゃんのお母ちゃんが、お泊りにきたフェレットちゃんを紹介されて“にゃんこだ、にゃんこだ”って間違えたまま大喜びしてたでしょ。それがとっても微笑ましくて、きっとこの二人なら大丈夫だと確信したのさ」
「それで、テレパシーが私にビンビン伝わってきたんだ」
「うん、ごめんね。せっかくのお昼寝の時間に」
 ゆうれい犬さんは、本当に済まなそうに頭を下げ、
「ここに来たのは、僕の大切な人を助けてほしいんだ。その人を幸せにする手伝いを、お願いしに来たんだ」
「助ける? 幸せにするお手伝い? その大切な人って誰なの?」

スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

サンロードポチ母

Author:サンロードポチ母
伊豆高原、大室山の近くプチホテルサンロードは、1100坪の敷地を全て愛犬のために開放したペット同伴のリゾートホテルです。
サンロードポチ母のわんこ愛情物語です。

プチホテルサンロードHP

カテゴリ

記事

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。